iPhoneの画面が割れてしまった時、修理にかかる額とは

製造メーカーに依頼するなら1万円から2万円程度

iPhoneのガラスはかなり丈夫にできていますが、絶対に割れないというわけではありません。ガラス瓶のように落とすと粉々に砕け散るということはなくても、ひびが蜘蛛の巣状に入るということは十分あり得ます。そうなっても使おうと思えば使えることもありますが、やはり画面が見づらいですし、タッチ操作がうまくできないこともあります。
では、iPhoneのガラスが割れしまった場合、修理にはどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。まず、iPhoneを製造しているメーカーの保証を受けている場合、機種によって多少異なりますが、だいたい1万円から2万円の間というのが相場になります。製造メーカーではなく、電話会社の保証を受ける場合もだいたい同じぐらいです。

非正規の修理業者に依頼してもそれほど安くはならない

では、製造メーカーに修理を依頼するのではなく、非正規の修理業者に依頼する場合、費用はどれぐらい変わってくるのでしょうか。基本的に、メーカーに修理を依頼する場合の費用と比べると、非正規の修理業者が設定している費用は安いです。ただ、iPhoneの画面が破損した場合の修理費用は、メーカーに修理依頼した場合とそれほど変わりません。やはり、機種によって異なりますが、1万円から2万円は出さないといけません。
機種によって修理費が異なるというのは具体的にどういうことかというと、古い機種ほど安く、新しい機種ほど高いです。これは、新しい機種ほど古い機種にはないテクノロジーが組み込まれているといった理由があるからです。