雨、洗濯機、トイレ…iPhone水没の危険は至る所に!

水没してしまったら専門家に相談しましょう

iPhoneは、電話としてだけでなくホームページの閲覧など生活の様々な面で利用できる便利なアイテムです。常に持ち歩く人も多く、洋服のポケットなどに入れて持ち歩くことも珍しくありません。しかし、iPhoneを洋服のポケットに入れている場合は水没の注意が常に必要です。洗濯やトイレなどで、ポケットから水の中に落としてしまうこともあります。iPhoneはパソコンと同じ精密機器で水に弱いのが特徴です。水に濡れて内部の基板に影響が出ると、本体の故障だけでなくデータが消えてしまうこともあります。iPhoheを水没させてしまった場合は、すぐに対処し本体が乾き次第データを取り出すことが大切です。内部が濡れたままiPhoneを起動させると、完全に故障してしまう可能性もあります。水没した際には、専門の業者に相談して復旧することがオススメです。

防水加工すれば水没しても平気

iPhoneを水没させると、本体が故障するだけでなく保存しておいたデータが壊れる可能性もあります。専門の業者にデータを取り出してもらうこともできますが、あらかじめ対策を立てておくことも大切です。iPhoneは防水加工することで、水に強くなります。防水加工は、内部の基板に特殊なコーティングをするだけなので簡単です。防水加工をしておけば、水に落としても故障の心配がほとんどありません。ただし、加工の際にはiPhoneの基板を一度外に出すことになるので注意が必要です。内部の基板に処理を施すため、無償修理の対象外になる可能性もあります。不安な人には、防水ケースもオススメです。ただし、防水ケースに入れていても水没の可能性は消えません。水没による故障防止にもなるので、無償修理が受けられないとしても防水加工はオススメできます。